医療脱毛の特徴や脱毛サロンとの違い

医療脱毛なら短期間で脱毛可能です

医療脱毛は、ムダ毛の毛根にレーザーを照射し、毛根細胞にダメージを与えてムダ毛が再生されるのを抑える脱毛方法です。専門医師または看護師がクリニックで施術を行います。

肌に照射するレーザーはパワーが強いので、ムダ毛が再度される確率は小さくなり脱毛効果を実感できます。その一方で強いレーザーを肌に当てるので、施術中に痛みを強く感じる場合があります。特に皮膚の薄い部分は一層痛みを感じるかもしれません。痛みに弱い人は事前に医師に相談すると、麻酔クリームや鼻から吸引するだけの笑気麻酔などの対応が可能でしょう。痛みに麻酔を使えるのは医療脱毛の特徴の一つです。

施術期間は一般に1~2年と短く、脱毛が完了するとムダ毛の再生はほぼ抑えられるので、これが医療脱毛は永久脱毛可能と言われる理由でしょう。

医療脱毛と脱毛サロンはここが違います

施術方法について、医療脱毛は医師や看護師がムダ毛の毛根にレーザーを照射しますが、脱毛サロンではエステシャンが体に害のない可視光線という光脱毛でムダ毛の毛根細胞にダメージを与えます。医療脱毛は痛みの強い場合がありますが、脱毛サロンでは痛みはあまり気にならないでしょう。

また脱毛完了に必要な期間は、医療脱毛の1~2年に比べて脱毛サロンは3~4年と長くかかるので、脱毛効果をゆっくり実感できます。一方で医療脱毛のクリニック数は限られますが、脱毛サロンは全国に数多く店舗展開しているので自宅や職場などからアクセスしやすい利便性があります。

医療脱毛の料金相場は、約20万円から40万円位。脱毛サロンの費用は約20万円ほどになりますが、脱毛キャンペーンなどを利用すれば費用を抑えられるでしょう。